(続)ハヤブサカスタマイズプロジェクト⑤

やっと寒くなってきましたねぇ~≪個人的に好きな季節なんで(^。^)y-.。o○≫
7月から京都城陽HCが新規オープンし、メンテナンス部という車両整備専門の部署ができました。そして私、工場長を就任させていただきました元、教育チームの工場長でございます。皆さまのおかげで整備工場を稼働させていただく事が出来ました事をあらためてお礼を申し上げます!

皆さま!ありがとうございます。

ハヤブサブログは、暑さのせい?で休みしておりましたが、ハヤブサカスタマイズプロジェクトも同時に再開させていただきます。宜しくお願い致します。

早速ですが、新しい工場でオールペンを実施させていただきました。

今までは、青空の下で塗装していたので砂やほこりが大量についたり環境に非常に悪かったりとけしてよい状態ではありませんでしたが、ここは工場。基本は認証を所得せず軽微な傷の修理やペイントを中心に行います。なによりも嬉しいのが雨が降っても作業を中止しなくてよい事!  ステキです(^_-)-☆

 

前回までのプロジェクトで下地仕上げまでは出来ておりましたので、一度洗車をしっかり行い油分を落としてから塗装を施します。もちろんその前のマスキング作業ではマスキング紙は使わず古新聞で代用。なんせわたくし、ケチなんで新聞紙で十分とマスキング紙は買いません!捨てるものを有効活用です!

で、塗装シーンは・・・・・・なんせ一人で行ってますもんで撮影不可。  見たい方は是非見学にお越しください!※めったに全塗装はしませんが。

そして塗り終わりで少し乾燥させてからマスキング新聞を剥がします。完全に乾いてからでは遅いので半乾きで剥がします!

その前に・・・・・・・まだ設備が完全に整っていないので全塗装した後の工場は、雪が降った見たいに真っ白け(;一_一)

  塗装すると換気扇で吸い上げられた空気は上に上がりますが塗膜(ミスト状の塗料)は重みで下に落ちます。すべては掃除機で吸い取ります!

工場内の掃除を行ってからマスキング新聞を剥がします。そして外した部品を元に戻していきます。このとき古い部品で消耗品は交換し、ミラーやワイパーなど黒色で塗装されている部品は、ホームセンターなどで売っているラッカースプレーで再塗装しキレイにした部品を再装着します。再利用可能なものは徹底的に使います!

 

キャビンだけ見てたらまるでハロウィン状態!

バックパネル廻りのステンレス部分はくすみが激しく磨きが必要なのかなと、思っているところに北陸から来る庸車のドライバーさん(いつもピカピカの車両で来られる庸車さん)が魔法の洗剤を教えてくれました。その名は ”ハイトレール” 船舶専用の洗剤?でこれで洗うだけでなんとピカピカになりました!。ビックリです。まるで新車の輝きです。

ここからはボディー磨きです。塗装後は塗膜ミストがどうしても付着するのでこれをコンパウンドで磨きます。ササッと磨くだけでOK!!!

 

 

 

ここからはいよいよステッカーの施工です。

新車で張り込まれてくる位置が決められているので施工前に確認し、おおむね同じ位置に施工します。

 

キャブ周辺は左右ドアに一般の文字、ドア後ろには社名、フロントにはドア№とスマイル&クリーンステッカーを施工します。

   

転写ステッカーとフイルムステッカーの2種類を施工しますが、どちらも空気が入らないように施工します。わたくしはこの作業をするときは、裏技としてハンドソープを300倍に薄めて霧吹きして張り込みます。クルマのカーフィルムを張る要領と同じ進め方をします。そうすると気泡が抜けて仕上がりがキレイにできます。張り込み専用のスプレーはスグなくなる上に1本2000円もするのでケチな私は買いません!

  

そんなこんなで完成です。(^。^)y-.。o○

これからサイドバンパーやリアフェンダー、マーカーなどの仮装を行いますが、なんと!業界で有名なジャパントラックショーなどに車両を納めておられる富士運輸車両部SenoPro様と今回コラボすることになり車両架装を依頼させていただきました。仕上がりが楽しみです。

車両を回送し富士運輸車両部へお邪魔させていただきました。

    

この車両の完成予定は、工場が立て込んでいるため月末になりますが、当社恒例の社内マイスターコンテスト(11月17日中部トラック総合研修センターで開催)にはこの車両を持ち込みお披露目予定ですので興味のある方は是非お越しください。入場料なんてありませんので!

次回は、コンテスト会場での様子をお送りします!乞うご期待~(^。^)y-.。o○

 

 

コメントは受け付けていません。

アーカイブ
follow us in feedly